退化器官に発生するがん

病棟

胸骨の間にある胸腺という器官は、思春期までは免疫細胞を作る働きをしています。成人になると役割を終えて退化しますが、30歳以降に胸腺腫瘍が発生することもあります。非常に稀な病気で通常は進行も遅いため、手術以外の方法で治療するケースも少なくありません。治療後忘れた頃に再発することもあるので要注意です。

詳細を確認する...

腸に関する病気

具体的に起こる症状

看護師

腸閉塞は、昨今、病院の外科で相談者が増えている腸に関わる恐ろしい病気です。これは、食生活の乱れやストレスから、腸内の食べ物や消化液が留まる病気です。腸内の便や食べ物が排出されないので、どんどん腸が膨らんでいきます。腸閉塞で考えられる初期症状は、突発的に腹痛が襲ってきます。下痢の症状とは違い、腸内を激しく突き刺すような痛みが特徴的です。個人によって、軽い痛みから我慢できないレベルの痛さまで多岐にわたります。さらに進行すると、腸内に大量の水分が溜まることから脱水症状を感じます。さらに、腸内に溜まった大量の消化液が逆流して、嘔吐、気分の悪さを感じます。腸閉塞は、早期に病院で治療を受ければ容易に回復することができます。しかし、放置すると命にも関わるので、異常を感じたら早期に病院で診断を受ける事が大事です。

病院での治療法

病院での腸閉塞の治療方法は、基本的に二種類の方法があります。それは、鼻から吸引チューブを入れて治す方法、開腹手術です。まず、症状がそれほど深刻でない場合は、吸引チューブを挿入する治療を適用します。チューブを入れることで、腸の中に溜まった消化液、食べ物を吸引できます。治療中は絶食を行うので、手術後は腸の内部が空っぽになります。負担がかかることがないので、腸内の腫れが次第に引いていきます。そして、腸閉塞が治るケースが多いです。そして、腸管への血流が途絶えて症状が緊急の場合、病院では開腹手術を行います。開腹手術では、腸管のねじれを修正したり、腸内の食べ物を除去していきます。また、腸が壊死している場合は、必要に応じて腸管の一部を切除します。

種類が多岐にわたります

医者

悪性リンパ腫は血液のがんであり、大きく分けると、非ホジキンリンパ腫とホジキンリンパ腫に分けられます。リンパ節を切除して病理検査を行い、がんの種類に適した治療法を受けることで、効果的な成果を上げることができます。

詳細を確認する...

いろいろな検査と予防法

女性

胃がんは男性にも女性にも多い病気です。自覚症状がなくても胃がんになっていることがあるので健康診断を受ける必要があります。胃カメラやバリウムが主な検査方法ですが、血液検査でも見つけることができます。また胃がんの原因はピロリ菌です。除菌は予防にとても役立ちます。

詳細を確認する...

Copyright ©2015 発症すると怖い病気である腸閉塞|その治療法とは All Rights Reserved.