いろいろな検査と予防法

早期発見が大事

女性

胃がんは男性にも女性にも多い病気です。自覚症状もないことが多く、健康診断を受けて初めて発見されることも多い病気です。胃もたれや胃の痛み、食欲不振は誰にでもよくおこることです。そんな身近な症状でも胃がんの可能性はあります。普通に食事をしているのに体重が下がってしまう人はかなり危険です。早く検査を受けましょう。胃が丈夫でなんでも食べたり飲んだりしている人も胃がんになっていることもあります。早期発見することができれば完治することができるがんです。家系に胃がんの人がいる場合は早い時期から検診を受けることが望ましいです。胃がんの検査といえば胃カメラとバリウムを飲むものです。どちらも苦痛で嫌がる人も多いです。

検査方法にも一長一短

胃カメラもバリウムもどちらも完全に胃がんを見つけることができるものではありません。胃カメラの特徴は直接見ることができその場で組織を取ったりポリープを取ることもできます。またバリウムは胃がんの中でもとても怖いスキルスを見つけることができます。スキルスの早期は胃カメラでは分かりにくいことがあります。しかしバリウムを飲めば形で見つけることができます。どちらも一長一短があるので選ぶ必要があります。どうしても怖いという人は血液検査でもわかります。検査キットを郵送するだけなのでとても簡単です。胃がんの主な原因はピロリ菌です。内視鏡検査をすれば保険が適用されます。ピロリ菌がいれば一週間の薬の服用で除菌ができます。

Copyright ©2015 発症すると怖い病気である腸閉塞|虎視眈々と狙っている病の影 All Rights Reserved.